水曜聖書の学び

創世記33章 :

ヤボクの渡しで、神と戦ったヤコブは、いよいよエサウに会う時が来ました。そもそも、ラバンの所から南へ下って来たヤコブは、なぜヨルダン川の東側に来たのでしょうか。彼が神様から帰るように言われた地はヨルダン川の西にあったのに、遠回りをしています。実は、エサウがヨルダン川の東の地方に住んでいたので、まずは彼に会おうとそちらのルートを取って来たことが分かります。しかし、いざ会うとなると、恐れでいっぱいになり、さまざまな策を練って対処します。彼が目を上げると、エサウが例の400人の家来をつれてこちらに向かってきます。ところが、今回はヤコブが一番先頭に立って、地に7回お辞儀をします。エサウは、「彼を迎えに足って来て、彼をいだき、首に抱きついて口づけし、ふたりは泣いた」。沢山の動詞がならんでいますが、最後は主語が複数です。劇的な再会でした。これは、放蕩息子が父に会う時の描写によく似ていることに気が付くでしょう。ヤコブは自分の子供と妻をエサウに紹介します。するとエサウは、ヤコブの先を歩いていた一団(実は、原語では一個だけでなく、すべての陣営の意味)について尋ねます。それは、ヤコブからの贈り物でしたが、エサウは自分には十分あるから、要らないと言うと、しきりに受け取ってくれるように頼みます。ヤコブからすると、エサウからだまし取った祝福の償いのつもりのように聞こえます。エサウはそれを受け取りますが、その代わりにヤコブをエスコートするために自分の家来をつけることを提供します。どうやら、エサウが連れてきた400名の家来というのはそのためのものであったようです。ヤコブはいったい何のために恐れ、心配したのでしょうか。