水曜聖書の学び

創世記47章 :

創世記47章: さて、エジプトに来たヤコブを迎えにゴシェンに向かったヨセフ、そこで父に会い、彼の首にすがって泣き続けます。ヨセフは、兄弟たちの家族がエジプトに住 むことが許されるように、兄弟たちをパロに引き合わせます。彼らは、あらかじめヨセフから与えられた忠告に従い、パロにその旨を伝えると、パロは快く彼ら の願いを受 け入れ、エジプトで最も良い地に彼らを住ませるように命じます。その後、ヤコブが連れて来られ、パロに会いますが、聖書は、ヤコブが2度もパロを「祝福し た(新改訳ではあいさつした、と訳されている)」と語っています。祝福に関しては、ヤコブ自身がよく知っていたことです。彼も、父イサクから祝福されて、 長子の権利を 自分のものにしました。さて、ヤコブから祝福されたパロは、この後どうなるでしょうか。ききんはますますひどくなり、エジプトとカナンの地の銀はすべてパ ロのものになってしまいます。それでも、人々は食べ物を求めて彼のもとにくるので、家畜、また農地と引き換えに穀物を与え、最後は人間そのものを奴隷とし て雇うこと によって、彼らが生き延びるようにしました。そういうわけで、多くの家畜や土地、それに奴隷たちがパロの所有物になり、彼は本当に祝福されました。これも 「地上のすべての民族は、あなたによって祝福される」という神様の約束が成就された形になります。神様は約束されたことは必ず成就させてくださる方です が、人間を通 して、約束され、また、人間を通して祝福されることを忘れてはなりません。もしパロがヤコブを受け入れなかったら、どうなっていたでしょうか。