出エジプト記 12章 No. 3 :

11節に、神様は過越のいけにえの食べ方について次のように命令されました。「腰の帯を引き締め、足にくつをはき、手に杖を持ち、急いで食べなさい。これは主への過越のいけにえである。」これはどういう意味でしょうか。特に今の私たちにとって何か意味があるのでしょうか。さらに、種なしパンを7日間食べることや、パン種を家から除かなくてはならないといった規定にはどんな意味が含まれているのか。これは、実は、私たち神を信じる者がこの地上でどのような生活をするべきかを教えているものです。そもそもアブラハムも天幕に住み、町から町へと渡り歩く寄留者の生活をしました。これが信仰者の姿です。この地上の生活は一時的なものであり、しばらく滞在してすぐに出発して通り過ぎて行く町のようです。これがヘブル語のゲル(外国人)という言葉の意味です。また、私たちの国籍は天にあるとは、この意味です。興味のある人、CDをどうぞ。


all images, text and contents Copyright(c) Davarkg.com All rights reserved.