出エジプト記 14章 No. 2 :

14章の話は今回で2回目です。エジプトを脱出したイスラエル人が海に面したところにいる時に、後ろから、エジプトの軍隊が攻めて来ていることに気がつき、彼らはパニック状態になります。そして、自分達をエジプトから連れ上ったモーセのところに来て、彼をののしります。その時にモーセが語ったことばは、さまざまな問題に面する私たちにもそのまま当てはまる言葉です。恐れないこと、しっかり立つこと、主の救いを見ること、そして黙っていることです。しかし、これを語ったモーセ自身も、まだ実際、どこに解決の道があるのか分からず、神に叫び求めていると、神様は彼に、「なぜあなたはわたしに向かって叫ぶのか。イスラエル人に前進するように言え」と命じられます。後は、何が起きたかは、よく知られているとおりです。水と暗闇と風(霊)と乾いた地が出てくるのは、ここだけではないです。それが意味するものは何でしょうか。


all images, text and contents Copyright(c) Davarkg.com All rights reserved.