出エジプト記 16章 No. 1 :

16章は、イスラエルの民が、今度は食べ物のためにつぶやいたので、神様がマナを天から降らせて与える話です。そもそも、つぶやきというものは、神様に対する不信仰から出るものです。神様が良き神ではなく、自分のことを何も考えてくれないと考えているから、つぶやきになります。多くの場合、今と昔を比べて、昔のほうが良かった、つまり、神様に従わなかった時のほうが良かったといってつぶやきます。それは、完全に神様を侮辱することばです。それでも、神様が彼らのつぶやきを聞き、うずらの肉と、天からのマナをお与えになります。しかし、もし、彼らがこのようにつぶやかなかったとしても、神様は彼らにちゃんと食べ物を与えられたはずです。それが、つぶやきを通して与えられたということは、本来神様のみこころではなかったのです。実は、この時の神様のこころを知るためには、この箇所だけを読んでいてはわかりません。興味のある人、CDをどうぞ。


all images, text and contents Copyright(c) Davarkg.com All rights reserved.