出エジプト記4章 No.1:

今回は、出エジプト記の学びにまた戻ります。2週間前は、3章の後半から4章の初めのところから学びました。エジプトにもどり、イスラエルの民を連れ戻すように命じられたモーセには、いくつかの心配と恐れがありました。まずは、自分が同胞の民に受け入れられるかという心配:彼が「あなたがたの先祖の神、、、主が、私に現れて仰せられた、、、」と話しても、彼らがそれを信じてくれるか、という恐れです。それに対して、神様は「彼らはあなたの声に聞き従おう」とはっきり約束して下さいました。それと、もう一つは、パロが自分の申し出を受け入れて、ヘブル人をエジプトから去らせてくれるか、という心配でした。そして、それにも、神様はちゃんと「彼はあなたがたを去らせよう」と言われました。しかし、それでも神様のことばを信じることのできないモーセに、神様はいくつかの「しるし」を与えて下さいました。さあ、その「しるし」にはどんな意味があるのでしょうか。聞き逃した人、CDを聞いて下さい。


all images, text and contents Copyright(c) Davarkg.com All rights reserved.