ダヴァールの信仰について




1
わたしたちは、当教会の発足の仕方のゆえに、目に見える地上の何かの宗派や教団には属していましせん。これは、わたしたちがそういったものものを認めないということではありません。むしろ、信仰や価値観、文化的背景などの違いから生まれてくる多様性というものは、それぞれの信仰の共同体が、愛をもって互いの違いを尊敬しながら、イエス・キリストによる救いを信じている限り、キリストのからだ全体のためには有益であると信じます。(エペソ 2:19-20)。
2
わたしたちは、多くの地方教会と同様、「使徒信条」をその内容において受け入れています。ただ、いくらかの教会がするように、それを礼拝において毎回告白することはしていません。わたしたちの主であり救い主であるイエス・キリストが、わたしたちの罪のために死なれ、3日後に死からよみがえられたことを固く信じています(ヨハネ 3:16、ローマ 10:9-13、第1コリント 15:3-4、エペソ 1:7、他)。
3
わたしたちは、新約および旧約からなる聖書(66巻)のことばが、書かれた神のことば(キャノンとして)、神の霊感によって与えられたものであることを信じます(第2テモテ 3:16、ヘブル 4:12)。その意味での聖書のことばを「みことば」と表現し、人間に救いを与える、力ある命のことばであることを強調します。また、聖書が誤りのない神のことばであることを信じますが、専門家による写本原文の対照から発見される相違に起因する軽微な修正は受け入れています(ルカ 1:1-4)。
4
わたしたちはまた、キリストの復活と昇天の後に到来した教会時代に生きる者として、地上での救いの完成のために、聖霊の働きを重視します(エペソ 1:13-14)。これは、イエス・キリストを通して与えられた贖いが、私たちの救いのために不十分であったという意味ではなく、むしろ、聖霊が、「もうひとりの助け主」として、わたしたちがこの地上にいる間、神の子ども、またキリストの弟子として、神から与えられた使命を全うして行こうとするわたしたちを助けて下さるというという意味です(ヨハネ 14:15-21, 16:5-11)。










Copyright © Davar Kingdom of God, All Rights Reserved.