人形劇



ダヴァールのメンバーによるオリジナル人形劇を毎年行っています。昨年はC.S..ルイス原作の「ナルニア国年代記」から「ライオンと魔女」を演じ、好評を得ました。40体以上の人形、舞台装置、小道具はすべて手作りで、BGMはクラシックの名作から選び、音響に特殊効果も入れた本格的なものです。



camp photo camp photo
camp photo camp photo

これまで上演した主な人形劇の内容

「平安があなたがたにあるように」

ダヴァールが初めて上演した人形劇。弦楽器演奏をバックに、イエス・キリストの死と復活を演じた。浅井純によるオリジナル人形劇。

「パーチェム物語」

主人公の天使パーチェムが、ベツレヘムの馬小屋でイエス様の誕生を見るところから物語は始まる。イエス様のことを天国にいた時から知っているパーチェムは、イエス様が地上に下り、人間に対してなさったことを見て、イエス様の愛の広さ、深さを知る。浅井純によるオリジナル人形劇。


「ライオンと魔女」

C.S.ルイスの「ナルニア国年代記」のなかの「ライオンと魔女」の人形劇。人形や舞台装置はすべて手作りで製作した。







Copyright © Davar Kingdom of God, All Rights Reserved.