日曜礼拝



日本語: 午前9時~
英 語: 午前11時~

日曜学校:午前9時~11時


日曜礼拝メッセージ シリーズ
“信仰か、おしんこか” 浅井導牧師


たましいを離れたからだが、死んだものであるのと同様に、行いのない信仰は、死んでいるのです(ヤコブ2:26)。





過去の日曜礼拝メッセージ シリーズ 

2016年2月14日
“あなたの神殿の礎" No.20 浅井導牧師

みことば:創世28章、ローマ9:10-16、など



礼拝のメッセージ(説教)を、オンラインでお送りしています。 説教の音声ファイルをお聴きになるにはプレイヤーの上の再生ボタンを押して直接聴くか、ポッドキャストから聴くことができます。

» ポッドキャストのご登録、メッセージ一覧はこちら
» オンラインメッセージについて詳しくはQandAをお読みください。


メッセージサマリー

                 

イサクはヤコブを呼び寄せ、彼を祝福し、そして彼に命じて言った。「カナンの娘たちの中か ら妻をめとってはならない。さあ、立って、パダン・アラムの、おまえの母の父ベトエルの家 に行き、そこで母の兄ラバンの娘たちの中から妻をめとりなさい(創世28:1-2)。

兄エサウから奪い取った長子の権利のことで、ヤコブは兄に恨まれ、家にいることができず、父と 母の勧めで叔父のラバンの所へ行ってしばらく生活することになった。また、結婚相手をそこで見 つけることも一つの目的であった。兄エサウの恨みのせいか、イサクとリベカは、結婚に必要な花 嫁料や、世話になる叔父への贈り物を持たせず、そのまま彼を旅に出した。ヤコブにとっては、祝 福の宣言は受けたものの、実際には何も得ておらず、むしろ全部を失ったかのごとく、先の見えな い、未知の世界への不安と孤独の旅が始まった。

ヤコブはベエル・シェバを立って、ハランへと旅立った。ある所に着いたとき、ちょうど日が 沈んだので、そこで一夜を明かすことにした。彼はその所の石の一つを取り、それを枕にして、 その場所で横になった(10-11 節)。

日が沈んだ」とは、古い時代の終わりと、新しい時代の新しい創造の始まりを予期することば。 彼の枕元には大きな石があった。その陰に身を隠すようにして、彼は旅の疲れで眠りに入った。ア ダムにエバが与えられた時のように、神様は人が眠っている時に、新しい創造をなさる。この眠り は、古いヤコブの死と、新しいヤコブへの復活を意味し、キリストにある霊の新生と同じ体験であ った。

そのうちに、彼は夢を見た。見よ。一つのはしごが地に向けて立てられている。その頂は天 に届き、見よ、神の使いたちが、そのはしごを上り下りしている(12 節)。

このはしごは、彼の頭の所にあった石の上から、天に架けられたもので、その頂点は天に到達し、 そこに開いた窓から天使が出たり入ったりしていた。天と地を結ぶ軸としての「はしご(スッラム)」 (ソーラン節の「ソーラン」のこと)に関する神話的な伝説が当時の人々に知られていたので、神 様はそれを使って彼に啓示されたことになる。

ヤコブは眠りからさめて、「まことに主がこの所におられるのに、私はそれを知らなかった」 と言った。彼は恐れおののいて、また言った。「この場所は、なんとおそれおおいことだろ う。こここそ神の家にほかならない。ここは天の門だ(16-17 節)。」

ヤコブの意識の中で、枕元にあった石と「はしご」が繋がったのは、その「はしご」がその石の上 に立っていたからである。言うなれば、その石は、天と地を結ぶ軸の土台であり、神殿の土台と同 じである。実は、13 節の「主が彼のかたわらに立っておられた」とは、「主がその(はしごの)と ころに立っておられた」とも読むことができ、そのはしごそのものが「」であることをほのめか している(ヨハネ1:51 参照)。

それからヤコブは誓願を立てて言った。「神が私とともにおられ、私が行くこの旅路を守り、 食べるパンと着る着物を賜り、無事に父の家に帰らせてくださり、こうして主が私の神とな られるなら、石の柱として立てたこの石は神の家となり、すべてあなたが私に賜る物の十分 の一を必ずささげます(20-22 節)。」

この種類の誓願は良い種類のもの(マタイ5:33-37 参考)。これは、神のこ とばを受け取った者が結ぶ神との契約を指し、天地創造の神とその人との関 係が確立されたことを示す。特に、「すべてあなたが私に賜る物の十分の一 を必ずささげます」に注目。あなたの神殿の礎はそのように置かれているで しょうか。



エトセトラ

  • 日曜礼拝に参加するために、車での送迎が必要な方は、教会のカープール制度がご利用いただけます。また、礼拝の始まる15分前(日曜、午前8:45と10:45)には、メトロ・ゴールド線のアレン駅から、教会への送迎車が出ています。教会からアレン駅への送迎は午後2:30に教会を出発いたします。送迎をご希望される方はアッシャーまでご連絡下さい。

  • 浅井牧師、また、まさみ牧師夫人との個人カウンセリングを希望される方は、カウンセリング用紙の提出と、事前のアポイントメントをおとりいただく必要がございます。カウンセリングをご希望の方はアッシャーまでご連絡下さい。

  • 説教CDの購入をご希望される方は、日曜日礼拝後に礼拝堂の後ろに申込書をご用意しております。価格は1本$6.50、会員の人は$6.00となっております。

  • 礼拝堂の東と南側の駐車場は毎晩7時過ぎに閉められます。建物の北側の駐車場、もしくはHoward Streetに駐車されるようにお願いします。

日曜学校


日曜日 午前9時~11時

毎週日曜日に子供向けのクラスを開催しています。日英バイリンガルの先生が子供たちと遊びながら、聖書について教えてくれます。礼拝堂のあるウィリアムケリー国際大学の校舎、キャンパス内の芝生、遊具で、安全な環境で行われます。

















Copyright © Davar Kingdom of God, All Rights Reserved.